長期戦向『ピラミッド法』使い方・メリット・デメリットを徹底解説

ピラミッド法は18世紀に数学者であり哲学者であるジャン・ル・ロン・ダランベールが開発した手法です。開発者の名前を用いて「ダランベール法」ということもあります。

この記事ではオンラインカジノ初心者向けにピラミッド法の使い方やメリット・デメリットを分かりやすく解説していきます。最後にピラミッド法での失敗を防ぐコツもまとめました。

【基礎編】ピラミッド法の使い方・メリット・デメリット

まずはピラミッド法の基礎を把握していただくため、以下3項目について解説していきます。

  • ピラミッド法の使い方
  • ピラミッド法のメリット(長所)
  • ピラミッド法のデメリット(短所)

ピラミッド法の使い方

ピラミッド法を使用できるのは勝率約1/2、配当2倍(1:1)のゲームです。ミスティーノだとバカラのプレイヤーベット、ルーレットのイーブンベット、ブラックジャックが対象ゲームとなります。

ピラミッド法を使う際に守るべきポイントは以下の2点です。

  • ゲームに勝ったら賭け金を1単位減らす
  • ゲームに負けたら賭け金を1単位増やす

例えば、スタート賭け金を$5、賭け金1単位を$1とした場合は、以下のようにピラミッド法を運用していきます。

①$5を賭ける
②ゲームに勝つ
③1単位減らして次ゲームで$4を賭ける
④ゲームに負ける
⑤1単位増やして次ゲームで$5を賭ける

連勝して賭け金1単位を差し引けない小さい賭け金にまでなったらピラミッド法終了です。

ピラミッド法のメリット(長所)

ピラミッド法は勝てば賭け金を減らしていくので、1回のゲームで負けても前ゲームの勝ち分をすべて失わなくて済みます。

このピラミッド法ならではの特徴ゆえ、勝ち数が負け数より少なくても利益が残るケースがある点もピラミッド法最大のメリットといっていいでしょう。

たとえば、以下のような所持金$20でスタートする負け先行のケースでも利益が出ます。

賭金$3$4$5$6$5$4$3$2$3$2
勝敗
資金$17$13$8$13$18$22$25$23$26$24

また、賭け金の増大も緩やかで、資金負担も少ないので、少額資金から使い始められるのもピラミッド法のメリットの1つといえます。

ピラミッド法のデメリット(短所)

ピラミッド法で獲得できる利益または失う資金は、スタート賭け金と賭け単位数の決め方、連敗からの連勝か、連勝からの連敗か等ゲーム展開等でかわってきます。

特に連勝した後に連敗がくると、勝ち負け同数でも損失が出るので注意しなければなりません。これは負けた時に賭け金を増やすピラミッド法の特性が原因で起こることです。

また、勝ち負け同数でも、特に勝ちと負けが交互にくるような状況だと、利益が乗りづらいのもピラミッド法のデメリットの1つになります。

このように、ピラミッド法特有の賭け金の上げ下げはメリットにもデメリットにもなるのです。少し他の手法よりも難易度が高いので、使いこなすためにはそれらの点を踏まえて運用の仕方を考えなければなりません。

【応用編】ピラミッド法で失敗を防ぐコツ・対処法

ピラミッド法 のメリット・デメリットを踏まえ、失敗しないためにどうすればいいか具体的対策について以下項目に分けて解説していきます。実践の際にぜひ取り入れてみて下さい。

  • 連勝できない時は使用ゲーム / テーブルを見直す
  • 利益が乗ったら全て失わないうち切り上げる

連勝できない時は使用ゲーム / テーブルを見直す

ピラミッド法は負け先行でも勝ち先行でも、連勝がないと利益が積み重なりません。ですので、連勝がなかなかできない時はだらだらと使い続けずに中断した方がいいです。

使用するカジノゲームを変えるでもいいですし、同じカジノゲームでもテーブルを移動するのもいいでしょう。行動を加えて悪い流れを断ち切るというのも、カジノゲームで稼ぐうえで重要なスキルとなります。

どのタイミングで切り替えるかはそれぞれの自由ですが、直近10ゲームで連勝がなかった時といったように具体的な指標を設定した方が実行しやすいですよ。

利益が乗ったら全て失わないうちに切り上げる

カジノゲームは還元率100%を下回るギャンブルなので、いくらピラミッド法でも際限なく使っていれば利益が出ていても最終的にマイナス収支になるのは間違いありません。

それを防ぐうえで重要となるのが、ゲームを切り上げるタイミングです。結局前項と同じ話ですね。損失が出ている時だけでなく、利益がのっている時もこの点には気を付けてください。

利益がのったらピラミッド法を一度中断し、利益分を出金して、またピラミッド法を再開する。このように獲得した利益を守ることまで考えて運用できたら、ピラミッド法だけでも絶大な成果が期待できるでしょう。

まとめ: ピラミッド法はコツコツ稼ぎたい人向き

ピラミッド法は一気にポンポンと稼げるタイプの手法ではありません。勝ち負けを重ね、行ったり来たりを繰り返し、わずかに出た利益を確保して資金を増やしていくのが正攻法の使い方となります。

ですので、時間がかかっても堅実に稼いでいきたいというコツコツ派でしたら、ピラミッド法の運用は苦にならないでしょう。

軍資金$100、スタート賭け金$5の設定でも十分運用できるので、少額資金プレイヤーもぜひ一度試してみてください!

関連記事

  1. 1勝で利益『ココモ法』使い方・メリット・デメリットを徹底解説…

  2. 流れに乗る『シフトベット法』使い方・メリット・デメリットを徹…

  3. 高勝率『98.48%法(2/3ベット法)』使い方・メリット・…

  4. 究極『マーチンゲール法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…

  5. 利益増『グッドマン法(1235法)』使い方・メリット・デメリ…

  6. 低リスク『モンテカルロ法』使い方・メリット・デメリットを徹底…