堅実手法『2in1法』|使い方・メリット・デメリット・改良点を徹底解説

負けが多い時はなんとか損失を回収したいと思うものですが、損失回収にやっきになると焦ってしまて資金を溶かしてしまう人は多いのはないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが2in1法です。2in1法は損失を低リスクで回収できる手法なので、覚えておいて損はありません。

この記事では2in1法の使い方やメリット・デメリットを解説していきます。最後に2in1法をうまく使うコツも添えました。

【基礎編】2in1法の使い方・メリット・デメリット

2in1法の全体像を把握しやすいよう、2in1法の基本情報を以下3項目に分けて解説していきます。

  • 2in1法の使い方
  • 2in1法のメリット(長所)
  • 2in1法のデメリット(短所)

2in1法の使い方

2in1法はバカラルーレットブラックジャック使用できる手法です。具体的には、勝率約1/2(50%)、配当2倍(1:1)のゲームでの使用を想定しています。

2in1法はメモ必須の手法なので、以下で説明する使用手順は実際にメモをとりながらご確認ください。

①1回目、2回目のゲームで1単位を賭けて負ける
②メモに賭け単位にあたる数字を(1,1)と記録する
③(1,1)の両端の数字の合計単位数を3ゲーム目で賭ける
※1+1=2単位
④ゲームに負けたら賭けた単位数を数列に追加する
※(1,1)⇒(1,1,2)
⑤(1,1,2)の両端の数字の合計単位数を4ゲーム目で賭ける
※1+2=3単位

このようにゲームに負けたら数字を増やして、両端の数字の合計単位数を次ゲームで賭けるのが2in1法の基本です。

ゲームに勝った時は両端の数字を消してください。その後のゲームでは残った数列の両端の数字を使って、上記と同様の手順で次賭け金を決めます。

すべての数字が消えたら2in1法終了です。

2in1法のメリット(長所)

2in1法の賭け金は連敗しても比較的ゆるやかにあがっていきますし、損失を複数回の勝利で回収するようになっているので、運用するうえで大きなリスクをとる必要がありません。

また、記録した数列がすべて消えたら損失回収完了となる点もメリットの1つといえるでしょう。数列をみれば損失回収までに必要な勝利数や次の賭け金が一目でわかるので、損失が出ていても冷静に対処することができます。

2in1法のデメリット(短所)

2in1法は負けた時に増えていく損失を低リスクで回収する点に特化しているため、連勝が続くような調子の良い時は効果が出ません。というより、連勝すると数列が消え、連敗がなければ数列も発生しないので、定額賭けをするだけになります。

また、2in1法は連敗が続くと数列の数字がどんどん増えていくため、何回か連勝しないと1セット終了できなくなるような状況が起こることも珍しくありません。そうなると、数列を構成する数字が大きくなり、毎回の賭け金も緩やかながらも増えていきます。この状況に陥った場合は、2in1法が終了する前に資金が尽きるリスクを考慮して続行するかどうかを判断した方がいいでしょう。

【応用編】2in1法で失敗を防ぐコツ・対処法

2in1法は資金が尽きるリスクや連勝が続く時の対処法を考えておいた方がより効果的に使うことができます。以下2点にその対処法をまとめましたので、2in1法を使用する際にぜひ取り入れてみてください。

  • 連敗があまりに続く時はいったん使用を中断する
  • 連勝が頻発する時は他手法に切り替える

連敗があまりに続く時はいったん使用を中断する

2in1法の肝である数列は連敗が続けば続くほど、構成する数字も増えていきます。たとえば10連敗した場合は以下のような数列に。

(1,1,2,3,4,5,6,7,8,10)

この数列をすべて消すためには最短でも5連勝しなければなりませんが、5連勝は勘単にできることではありません。途中で負けをはさみ、さらに数列が長くなることも十分あり得ます。

このように連敗が続き、数列が長くなってしまった時は、2in1法をいったん中断することを検討してください。

資金に余裕があるなら時間を変えて2in1法を同じ数列で続行してもいいですし、資金に余裕がないなら数列をリセットして新たに2in1法をスタートしてもいいでしょう。

連敗が続いて調子が乗らない時は、このように切り替えるタイミングを自分で作るようにした方がいいです。

連勝が頻発する時は他手法に切り替える

前述していますが、2in1法は損失回収がメインです。連勝して利益を伸ばすタイプではないので、何度も連勝するような時には使う意味がほぼありません。

そういう調子の良い時は、連勝時に利益が伸びる手法に切り替えるようにしてみてください。

たとえば、グッドマン法(1326法)やバーネット1326法。4連勝で12単位獲得できます。マーチンゲール法の逆バージョン、勝ったら倍賭けしていくパーレー法なら4連勝で15単位獲得も。

調子の悪い時は2in1法、調子の良い時は別の手法といったように臨機応変に手法を使い分けられるようになるのが理想的な戦法です。

まとめ: 2in1法メイン運用なら根気が必要

2in1は損失を回収するのには向いていますが利益を伸ばすのには向いていないです。

カジノゲームを楽しむだけならいい手法かもしれませんが、これだけで稼ぐには相当根気のいる手法なので、連勝時はグッドマン法バーネット1326法に切り替えるようおすすめします。

2in1法の効果を実際に確かめたい方は、ミスティーノで試してみてください。ミスティーノに登録して貰える入金不要ボーナスはカジノゲームにも使えます!

関連記事

  1. 高勝率『98.48%法(2/3ベット法)』使い方・メリット・…

  2. 流れに乗る『シフトベット法』使い方・メリット・デメリットを徹…

  3. 長期戦向『ピラミッド法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…

  4. 利益増『グッドマン法(1235法)』使い方・メリット・デメリ…

  5. 低リスク『モンテカルロ法』使い方・メリット・デメリットを徹底…

  6. 究極『マーチンゲール法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…