利益増『グッドマン法(1235法)』使い方・メリット・デメリットを徹底解説

グッドマン法は利益を伸ばすための攻めの手法でありながら、失敗した時のリスクを最小限に抑えることもできる手法でもあります。別名1235法とも呼ばれますが、この数字さえ覚えておけば簡単に使用可能です。

この記事ではカジノゲーム初心者向けにグッドマン法の使い方やメリット、デメリットを解説していきます。最後にはグッドマン法を失敗しないコツ・対処法もまとめましたので、どうぞ最後までご覧ください。

【基礎編】グッドマン法(1235法)の使い方・メリット・デメリット

まずは以下3項目をおさえて、グッドマン法(1235法)の全体像が把握しましょう。

  • グッドマン法(1235法)の使い方
  • グッドマン法(1235法)のメリット(長所)
  • グッドマン法(1235法)のデメリット(短所)

グッドマン法(1235法)の使い方

グッドマン法(1235法)が使用できるのは、勝率約1/2(50%)、配当2倍(1:1)のゲームです。ミスティーノでは バカラルーレットブラックジャックで使えます。

使用するタイミングは連勝時。1単位からスタートし、勝つたびに2単位、3単位、5単位の順に変えていきます。
たとえば、1単位を$1とした場合は、以下手順でゲームをこなしていきます。

①$1を賭ける
②ゲームで勝つ
③$2を賭ける
④ゲームで勝つ
⑤$3を賭ける
⑥ゲームで勝つ
⑦$5を賭ける
⑧ゲームで勝つ

上記のとおりにいけばグッドマン法成功で、1度でも負けたら失敗となります。

賭け金の基準となる1単位は好きな金額に設定していただいてOKです。たとえば、1単位を$3とした場合は、$3、$6、$9、$15の順に賭けていきます。

グッドマン法(1235法)のメリット(長所)

フラットベット、つまり同額を賭けて4連勝した場合、獲得できる利益は4単位です。一方、グッドマン法は完全に成功した場合、4連勝で利益11単位を獲得できます。

連勝できる機会はそうそうないので、その機会を活用して利益を伸ばせる点は、グッドマン法の大きなメリットといえるでしょう。

もう1つのメリットは、2連勝さえすれば3戦目・4戦目で負けても損失が出ない点です。3戦目で負けた場合は損失も利益もなし、4戦目で負けた場合は1単位の利益となります。

グッドマン法(1235法)のデメリット(短所)

メリットを説明するなかで「2連勝さえすれば損失が出ない」と書きましたが、逆に、2連勝できなければ損失が出ます。

1戦目で負けた場合の損失は1単位、2戦目で負けた場合の損失も1単位になります。

つまり、連勝がない状況でグッドマン法を使い続けると、1単位の損失が毎回出るということです。

では、カジノゲームにおいて4連勝はできるのか。
答えは、「できるけど、そう簡単ではない」です。

計算上4連勝は1/2 × 1/2 × 1/2 × 1/2 = 1/16(6.25%)の確率でしか起こらない事象で、実際の成功確率はもっと低くなる可能性も十分ありえます。

【応用編】グッドマン法(1235法)で失敗を防ぐコツ・対処法

成功すれば利益が伸びるけど、成功させにくいグッドマン法。どうすればうまく使えるのか、実戦を想定して以下2点にコツ・対処法をまとめました。

  • ゲームの流れに逆らわない
  • 2連勝したら3戦目をするかどうか検討する

ゲームの流れに逆らわない

グッドマン法の成功条件は4連勝ですが、4連勝を掴むうえで重要なのはゲームの流れに逆らわないことです。

ゲームの流れとは、バカラならプレイヤーが4連続、5連続と続く時や、ルーレットなら赤黒賭けの赤が続くような時を指します。

強い偏りが出ている時は、それまでの流れが継続しやすいので、同じ賭け先に賭け続けるだけで一気に4連勝できます。

もちろん途中で流れが切れてしまうこともあるので、必ず成功するというわけではありません。しかし、カジノゲームで偏りが出る時は、シュー内のカードの構成やディーラーの癖など何らかの影響を受けてそうなっていることがよくあるので、1戦目から4戦目までを時間・タイミングを区切って実行するより成功確率を上げることはできます。

2連勝したら3戦目をするかどうか検討する

グッドマン法は2連勝したら3単位獲得でき、3戦目で負けても損失は出ません。しかし1回の負けでせっかくの利益3単位を放出してしまうのはもったいないですよね。

そこでおすすめしたい対処法が、2連勝したら3戦目をするかどうか検討することです。
3単位を獲得したらもう1回グッドマン法を最初からやりなおす、というようにした方が、獲得した3単位を1度のゲームで失わずにすみます。

これは3戦目成功の時にもいえることで、3連勝して獲得した6単位を守りたい場合は、グッドマン法完遂にこだわらない方がいいです。

1回目は2戦目で終了、2回目は3戦目までというように自分なりにグッドマン法(1325法)を改良するのもいいでしょう。その時の状況、連勝できる勢いがあるかどうかを見極めて臨機応変に対応すれば、グッドマン法でどんどん利益を積み上げられるようになります。

まとめ:グッドマン法(1235法)成功の鍵は勝負勘の強さ

グッドマン法は完全成功にこだわる必要はありませんが、完全成功した時の喜びは大きいので、チャレンジする価値はあります。

4連勝するうえで重要なのは、ゲームの流れを読み切ることと、勝負勘の強さです。勝負勘というのは実戦経験を積んでいくなかで身についてきます。

とはいえ、いきなりリアルマネーを投入するのは怖い人もいるでしょう。そんな方はまずはミスティーノの入金不要ボーナスを使って実戦経験を積んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 高勝率『98.48%法(2/3ベット法)』使い方・メリット・…

  2. 低リスク『モンテカルロ法』使い方・メリット・デメリットを徹底…

  3. 流れに乗る『シフトベット法』使い方・メリット・デメリットを徹…

  4. 究極『マーチンゲール法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…

  5. 堅実手法『2in1法』|使い方・メリット・デメリット・改良点…

  6. 1勝で利益『ココモ法』使い方・メリット・デメリットを徹底解説…