高勝率『98.48%法(2/3ベット法)』使い方・メリット・デメリットを徹底解説

98.48%法とは、その名のとおり、98.48%の確率で勝てるルーレット限定の手法です。数字だけをみればすごく魅力的な手法ではありますが、使い方をよく理解していないと効果を発揮できないので使用する際は色々と注意しなければなりません。

この記事では98.48%法(2/3ベット法)の使い方やメリット・デメリットだけでなく、失敗を防ぐコツ・対処法までまとめました。ルーレットで勝ちたい方はどうぞ最後までご覧ください。

【基礎編】98.48%法(2/3ベット法)の使い方・メリット・デメリット

まずは98.48%法(23ベット法)の基本を以下3項目で確認しましょう。

  • 98.48%法(2/3ベット法)の使い方
  • 98.48%法(2/3ベット法)のメリット(長所)
  • 98.48%法(2/3ベット法)のデメリット(短所)

98.48%法(2/3ベット法)の使い方

98.48%法は配当3倍(2:1)の賭けで使用する手法です。ミスティーノだと、ルーレットのダズンベットまたはコラムベットで使えます。

98.48%法では空回しを使えるテーブルを選んでください。空回しとはベットせずにゲームを観察する行為ですが、ミスティーノのライブカジノのルーレットならどのテーブルでも空回し可能です。(※ランドカジノでは空回し禁止)

98.48%法の使用手順は以下のとおり。

①空回しで出目を記録・観察する
②ダズンベット / コラムベットの同一エリアが3連続で出る
③②以外の2つのエリアに1単位ずつ合計2単位ベットする

言葉だけだと分かりづらいと思うので、画像を用いて具体的に説明をします。

直近出目が[13,16,20]としましょう。この時、ダズンベットの2nd12(13~24)が3連続で出たことになります。

3連続で出たエリア以外の2つのエリアにベットするので、チップを置くのは、ダズンベットの1st12(1~12)と3rd12(25~36)です。

1回につき合計2単位賭けることになりますが、これで勝てれば1単位を獲得できます。

98.48%法(2/3ベット法)のメリット(長所)

98.48%法の一番のメリットは名称の由来となっている勝率の高さでしょう。

ダズンベットまたはコラムベットの1エリア分+「0」の出現確率は13/37。これが4連続で出る確率は約1.52%であるため、その反対にあたるエリアに出る確率は98.48%となります。

4連続で同じエリアが出る確率は低いからそれ以外のエリアに賭けるというとてもシンプルなものですが、理論上でいえば数あるルーレット手法のなかでは最も高い勝率を誇ります。

98.48%法(2/3ベット法)のデメリット(短所)

98.48%法のデメリットは時間がかかる点です。3連続で同じエリアにくるまで空回しを続けなければいけませんが、そう簡単に同じエリアの数字に3連続で入ることはありません。

また、時間がかかるだけでなく、1回失敗すると2単位の損失が出る点もデメリットの1つです。成功時に獲得できる利益が1単位しかないので、失敗を重ねるとこの手法だけで損失をまくるのはかなり難しくなります。

「98.48%で勝てるなら失敗はほぼないだろう」と思われるかもしれませんが、ルーレットはそう単純なものではありません。確かに理論上の勝率は高いですが、外すときは外します。

【応用編】98.48%法(2/3ベット法)で失敗を防ぐコツ・対処法

勝率は高いけど外したら痛い98.48%法。どうすればうまく使えるようになるかを研究した結果、以下2点のコツ・対処法はおすすめできます。ぜひ実践してみてください。

  • 必ずライブルーレットで実践する
  • 4連続以上同じエリアが出るまで待つ

必ずライブルーレットで実践する

ミスティーノにはテーブルゲームのルーレットとライブカジノのルーレットがありますが、98.48%法は必ずライブカジノのルーレットを使用してください。

これはテーブルゲームの出目がランダムナンバージェネレーター(RNG)と呼ばれる乱数発生器で、機械的に算出されているものだからです。RNGの性質上、過去ゲームの出目が次ゲームの出目に影響を与えることはないため、出目の傾向を踏まえて賭け先を決める98.48%と相性は良くありません。

また、ライブカジノならどのテーブルも統計機能が充実しています。なかでもスピードルーレットというゲーム進行が早いテーブルは出目結果がたまるのも早いので特におすすめです。

4連続以上同じエリアが出るまで待つ

98.48%法は4連続で同じエリアが出ることはないという前提でそれ以外のエリアにベットする手法ですが、当然ながら4連続よりも5連続、5連続よりも6連続で同一エリアが出る確率は低くなります。

つまりは4連続以上同じエリアが出てから他エリアに賭けた方が理論上の勝率は98.48%以上になるということです。

4連続以上待つのはなかなか根気がいりますが、絶対に失敗したくないということであれば待てるだけ待ってみてください。よっぽど運に見放されてなければ、普通に98.48%法を使用するよりも成功確率を上げることができます。

まとめ:98.48%法(2/3ベット法)運用は時間がかかる

98.48%法(2/3ベット法)は実戦で確かに使えます。勝てる頻度が高いです。確実に1単位が欲しい時に重宝するという人は多いでしょう。

しかし、3連続同一エリアにくるのを待つのはかなり大変です。時間がかかりますし、なによりベットしないで待つことになるので、ルーレットというギャンブルを楽しむのには向いていません。

ただ、コツコツ稼ぎたい人には98.48%法は最高の手法といってもいいでしょう。刺激がほしい人は他の手法を試すようにおすすめします。

関連記事

  1. 利益増『グッドマン法(1235法)』使い方・メリット・デメリ…

  2. 流れに乗る『シフトベット法』使い方・メリット・デメリットを徹…

  3. 1勝で利益『ココモ法』使い方・メリット・デメリットを徹底解説…

  4. 究極『マーチンゲール法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…

  5. 低リスク『モンテカルロ法』使い方・メリット・デメリットを徹底…

  6. 長期戦向『ピラミッド法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…