流れに乗る『シフトベット法』使い方・メリット・デメリットを徹底解説

シフトベット法(ネイバーベット法)はルーレットで出目の偏りをみて、次にボールが入りそうなエリアに集中ベットする手法です。実践で使いやすいので、当サイト編集者としてはかなりおすすめの部類に入ります。

この記事ではシフトベット法の使い方やメリット、デメリットについてオンラインカジノ初心者向けに解説していきます。最後にシフトベット法で失敗を防ぐ対処法もまとめました。ルーレットで稼ぎたい人はどうぞ最後までご覧ください。

【基礎編】シフトベット法の使い方・メリット・デメリット

シフトベット法の基礎を確認するため、以下3項目についてそれぞれ解説していきます。

  • シフトベット法の使い方
  • シフトベット法のメリット(長所)
  • シフトベット法のデメリット(短所)

シフトベット法の使い方

シフトベット法はルーレット専用の手法です。ミスティーノにはライブカジノにもテーブルゲームにもルーレットがあるので、どちらか好きな方で使用方法をご確認ください。

シフトベット方では、ルーレットを4分割して賭け先を分類します。この時、0は含めません。「1~36」の36個の数字を9つずつ分けます。

4つのエリアを構成する数字はそれぞれ以下表のとおりです。

A2,4,15,17,19,21,25,32,34
B6,8,10,11,13,23,27,30,36
C1,5,9,14,16,20,24,31,33
D3,7,12,18,22,26,28,29,35

そして、シフトベット法の使用手順は以下のようになります。

①次のゲームで来そうなエリアを予想する
②①で予想したエリアの数字に1単位ずつ賭ける(全てストレートアップ)

この賭けに勝利した場合、得られる利益は27単位、外した場合の損失は9単位です。

シフトベット法のメリット(長所)

シフトベット法で使用する賭け方はルーレット最高配当の36倍が獲得できるストレートアップです。9個のストレートアップで1つでも当たれば27単位獲得できるので、2~3回連続で当たるだけでも爆益となります。この当たった時の大きな利益ゆえ、3回連続失敗しても次の1回で当たれば損失をすべてまくれるという点もメリットの1つといえるでしょう。

ストレートアップは配当が高い分当たりにくいと思われるかもしれませんが、ルーレットは同じエリアに何連続も出目が固まることがたまに起こります。出目が同じエリアに連続して出るタイミングで使えば、10ゲームも行わないうちに100単位獲得することも不可能ではありません。

シフトベット法のデメリット(短所)

シフトベット法はルーレットのホイール基準で賭け先を決めるため、各エリアごとに構成する数字を覚えておかないといけません。ランドカジノだとベット時間が短く、ホイールをいちいち確認することもできないので、ランドカジノで使うのに向いていない手法といえます。

ただ、この点はオンラインカジノなら特に問題とはならないでしょう。チップを置いてからゲームスタートボタンを自分で押せばいいですし、制限時間があるライブカジノでもベットパターン保存機能を使えば解決できます。

【応用編】シフトベット法で失敗を防ぐコツ・対処法

シフトベット法のメリット・デメリットを踏まえ、失敗を防ぐコツ・対処法を以下にまとめました。シフトベット法を練習する際にぜひ取り入れてみてください。

  • 数回のゲームで利益プラスを目指す
  • 狙いが外れたら再度傾向を見直す

数回のゲームで利益プラスを目指す

シフトベット法はホイール全体の1/4の数字をカバーする手法、1回あたりの的中確率は9/37=24.32%です。そう、あまり高くありません。

実際やってみると、1回当てるのもなかなか難しいもの。ですので、1発大勝負で使うのではなく、数回のゲームのなかでトータル利益を目指す戦略をとった方がいいでしょう。

1回目で当てられたら利益27単位、2回目で当てられたら利益18単位、3回目なら利益9単位。1回で確実に当てなければいけないと自分を追い込むより、全体で収支プラスを狙えばいいんだと思えば、精神的な負担も少なくなるので好パフォーマンスを期待できます。

狙いが外れたら再度傾向を見直す

シフトベット法で一番怖いのはとことん傾向を見誤って、落ちないエリアに賭け続けることです。1回的中させれば27単位の利益といえど、外したら毎回9単位の損失となるので、外し続けた時はかなりの痛手を被ることになります。

ですので、1~2回連続で狙いを外した時は、一度シフトベット法の使用を中断し、傾向を見直すようにした方がいいでしょう。

特にライブカジノはディーラーによって同じエリアに固まりやすい人とそうでない人の差が大きく出る傾向にあるので、テーブルを変えるだけで好転する可能性もあります。

外れるようなら同じエリアに固執しない、当たるようならとことん同じエリアに張る。この戦略が功を奏せば爆益間違いありません。

まとめ:シフトベット法がハマると連勝可能性大

シフトベット法は1回当たるだけで27単位も利益を獲得できます。2連勝で54単位、3連勝で108単位…連勝した時の爆発力はかなりのもの。傾向の読みが当たれば連勝は難しくない手法なので、チャレンジする価値はありますよ。

ただ、チップを置くのに手間がかかりますし、傾向を読むのもある程度の経験が必要です。ミスティーノのテーブルゲームなら無料でプレイできますし、入金不要ボーナスはライブカジノのルーレットで利用できます。ミスティーノでたくさん経験を積んで、シフトベット法を極めてみてください!

関連記事

  1. 長期戦向『ピラミッド法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…

  2. 低リスク『モンテカルロ法』使い方・メリット・デメリットを徹底…

  3. 利益増『グッドマン法(1235法)』使い方・メリット・デメリ…

  4. 堅実手法『2in1法』|使い方・メリット・デメリット・改良点…

  5. 1勝で利益『ココモ法』使い方・メリット・デメリットを徹底解説…

  6. 究極『マーチンゲール法』使い方・メリット・デメリットを徹底解…